Sick Magazine

免疫療法を受ける前に知っておきたい事【悪性リンパ腫の治療方法】

どうやって見つけるのか・・・

悪性リンパ腫の原因を調べる前に、どうやって見つけるのか気になる・・・という人は検査方法について調べてみましょう。

悪性リンパ腫の検査方法

病理検査

悪性リンパ腫の診断と病型を診断するためにも必要な検査方法と言われており、リンパ節生検・腫瘍生検などを行ないます。

血液検査

体全体的にどのような状態になっているのかを、血液検査で調べ肝臓や腎臓の機能面が弱っていないかを調べていきます。

画像検査

X線検査で癌の位置や、大きさなどを確認しすることができると言われています。同時に心臓の大きさも調べられるため、化学療法に耐えられるかを検討することもできるでしょう。

PET検査

放射性物質が含まれているブドウ糖液を体内に注射器で入れ、薬剤が体の中に取り込まれた状態を特殊なカメラで確認し病変を調べていく方法です。

骨髄検査

骨髄の中まで悪性リンパ腫が浸潤している可能性があるため、骨髄検査を行なうこともあります。

何が原因でどんな人は発症しやすのか

なんで自分が悪性リンパ腫になってしまったのか?という疑問を抱えている人や、悪性リンパ腫にならないために対策したいと考えている人は、発症の原因や発症しやすい人の特徴を調べてみてください。下記で紹介しています。

悪性リンパ腫の発症原因はなに?「治療による効果は出るのか」

看護師

悪性リンパ腫と聴神経腫瘍が発症する原因

悪性リンパ腫や聴神経腫瘍の発症原因は、まだ明らかになっていないと言われていますが主に
・細胞内の遺伝子が変異してしまい、がん遺伝子が活発になってしまうため
・ウイスル感染症が関係する場合もある(一部)
などが原因になっている可能性があると言われています。遺伝性で発症してしまう場合もあるため、体に異変を感じている人で、発症時に起こる症状が見られる人は早めに医師に相談してみましょう。

発症時に起こる症状

悪性リンパ腫に見られる発症時の症状は
・リンパ節の多い部分にしこりができる
・腫れやしこりが全身に広がる
・体にかゆみが生じる
・気道閉塞や血流障害などの症状
が出てくると言われています。また、聴神経腫瘍の場合は
・難聴
・耳鳴り
・めまい
・ふらつき
・平衡感覚の喪失
・頭痛
といった症状が出てくるでしょう。病気の種類によって現れる症状は異なるため、長い間同じような体の不調・症状に悩んでいる人は注意した方が良いと言われています。

主な治療方法

悪性リンパ腫や聴神経腫瘍の治療方法は、主に外科的治療や薬を使った治療が行われます。病気の進行具合や、患者の体調面などを考慮しながら治療方法を決めていくため、人によって治療にかかる時間・治療方法などが異なると言われています。また、悪性の腫瘍に関しては免疫療法という治療方法も注目されているため、気になる人は調べてみてください。

免疫療法が注目されている理由

免疫療法は、早期発見で病気を見つけた人・免疫療法が最適だと判断できた人に推奨されている治療方法と言われています。外科的手術などを行わないため、体への負担も軽減することができるでしょう。また、早期発見早期治療の人で体力や気力がある人は完治する確率が高くなると言われています。そして、東京で受けられる免疫療法は、入院ではなく通院で治療することができるため仕事を続けながら・家族の世話をしながら治療を受けたいという人達から注目されています。

[PR]
聴神経腫瘍なら名医に相談
一度受診してみよう

[PR]
世田谷でリウマチを解消
安心して申し込みできる

症状にあった治療方法を選ぶ

悪性リンパ腫も聴神経腫瘍も、人によって現れている症状は異なります。そのため治療を選択するときは、自分に適した治療方法を選ぶようにしましょう。