鼠径ヘルニアの手術をする前に知っておこう【再発の原因について】

Sick Magazine

手術方法で鼠径ヘルニアの再発リスク率が変わる?!

鼠径ヘルニアの手術をする前に知っておこう【再発の原因について】

医療

再発しにくい手術方法を選ぶ

鼠径ヘルニアの再発リスクを低くしたいと考えている人は、再発リスクの少ない手術方法を医師と相談して選びましょう。従来から使われている筋膜を縫い合わせる方法は、比較的再発リスクが高いと言われていますが、人工補強材を使った方法は再発率が1パーセント未満になると言われているため、人工補強材を仕様した方法の方が良いと言われています。

聴診器

手術した場所と反対側の場所も発症しやすい

鼠径ヘルニアは、鼠径部の筋膜が弱ってしまうためおこる病気と言われています。そのため一度鼠径ヘルニアになった人は、手術を受けた反対側も鼠径ヘルニアになってしまう可能性が高いでしょう。

ドクター

生活習慣の乱れを改善する

鼠径ヘルニア対策や再発防止対策として、筋肉トレーニングをする人もいますが、幾ら筋肉トレーニングをしても生活習慣が乱れていると鼠径ヘルニアになってしまう可能性があると言われています。肥満や喫煙などが原因になってしまうと言われているため、注意しましょう。

鼠径ヘルニアになりやすい人の特徴

病院

40歳以上の男性

鼠径ヘルニアになりやすいのは、40歳以上の男性と言われています。お腹に力を入れる力仕事などをしている人・立ち仕事をしている人が多いでしょう。

腹部に圧がかかりやすい妊婦さん

鼠径ヘルニアは、男性の方がなりやすいと言われていますが妊娠中の女性もなる可能性があると言われています。妊娠することで、腹部が圧迫されることが原因と言われています。

喘息や便秘・排尿障害などを抱えている人

咳をする事が多い人や、喘息の人・便秘や排尿障害を抱えている人も鼠径ヘルニアになりやすいと言われています。そのため、そけい部に違和感を感じている人は早めに医師に相談しましょう。